芸能人にエラがなくなってる?切らずに小顔になれる秘密

最近、芸能人の顔からエラがなくなっているのはなぜ?整形でなく切らずに小顔のなれる秘密を暴いてみました!

しわ対策のボトックス注射の効果と特徴

額のしわにボトックス注射

 

ボトックス注射はボツリヌス注射ともいいボツリヌス菌から抽出されるタンパク質を注入する治療法で、主に深いしわを作ってしまう表情筋を和らげるために使用されます。

 

ボツリヌス菌って毒?

 

ボツリヌス菌と聞いてイメージしてしまうのが食中毒。実際にも食中毒を引き起こす毒性の菌種で、食品中で増殖しながら毒素を作り出すことから危険視されています。

 

しかし、現在ではその毒性を抜いてその特性のみを利用することで眼科や神経内科における治療の手段として用いられるようになっています。

 

ボツリヌス菌の特徴

 

ボツリヌス菌美容外科や医療分野で利用されるのは神経伝達物質アセチルコリンの伝達を弱める働きを持っているからです、この作用によって筋肉を麻痺させることができます。

 

筋肉が麻痺すると聞くと筋弛緩剤として恐ろしい効果を発揮するのではと不安になるかもしれませんが、注入量を上手に制御することが可能で注入程度を決めることで表情筋を弱めることが可能となるのです。

 

ボトックス注射に期待できる効果

 

誰もが笑顔を作ると目元や額のしわといったものができますが、笑顔のままで鏡を見るということはないので、笑ったときにどれだけの深いしわを作っているかは自分では分からないものですね。

 

この笑顔の繰り返しが何年も続くと深いしわは無表情のときにも刻まれるようになり、次第に溝のような状態になって残ることになります。

 

これを早い段階で表情筋を麻痺させるボツリヌス注射の治療を受けておくと、笑顔はそのままに深いしわをつくる部分が麻痺して癖になるのを防いでくれるというわけです。

 

ボトックス注射のメリット

 

ボツリヌス注射は別名ボトックス注射とも呼ばれ、注射1本で完了する施術のため治療にかかる時間はたったの10分程度となることから、誰でも手軽に治療を受けることができます。

 

若いうちから施術を受けておけば、表情の癖によってできるしわの定着を回避することができ、すでに出来てしまった状態でも癖を取り除くことである程度の回復が見込めるようになっています。

 

ちりめんジワには効果なし

 

ただし、ボツリヌス注射が有効となるのはあくまでも表情じわであり、表皮に刻まれた縮緬じわにはほとんど効果がないという点に注意しなくてはいけません。

 

ちりめんジワやいわゆる小じわと呼ばれるものができる原因は、皮膚の乾燥などによって起こるのでボトックス注射ではなく保湿ケアを重点的に行う必要があります。