芸能人にエラがなくなってる?切らずに小顔になれる秘密

最近、芸能人の顔からエラがなくなっているのはなぜ?整形でなく切らずに小顔のなれる秘密を暴いてみました!

ボトックス注射の失敗例[スポックブロー】とは

ボトックス注射の失敗例にスポックブローがあります。

 

 

スポックブローはエラボトックス注射では起こりにくく眉間や

額に打ったボトックス注射でおこりやすい失敗例です。

 

額の内側にはボトックス注射の効果が表れても、額の外側には

効果が出ない時に起こりやすいと言われています。

 

スポックブロー様顔貌から名づけられましたので「スポック眉」

メフィストサイン」ともいいます。

 

メフィストゲーテの「ファウスト」という戯曲に登場する

眉の吊り上がった悪魔のことです。

 

ちょっとわかりにくいと思いますが、映画「スタートレック」シリーズに

登場するヴァルカン人(地球人とのハーフ)ミスター・スポックの

吊り上がった眉のような顔になることを言います。

 

>>>スタートレックのミスタースポックはこちら

 

簡単に言うと眉毛のラインが施術前とは変わることで起こります。

 

スポックブローというのは、眉の外側が上がってしまい

吊り目状態に見えることです。

 

じつは眉の外側が吊り上がるのではなく内側の方が下げられることで起こります。


ボトックス注射の打ち間違えや打つ場所、注入量を間違えたときに

スポックブローになることがあります。


ボトックス注射を打つときは信頼できるクリニックでカウンセリングをし

経験豊富なドクターを選びましょう。