芸能人にエラがなくなってる?切らずに小顔になれる秘密

最近、芸能人の顔からエラがなくなっているのはなぜ?整形でなく切らずに小顔のなれる秘密を暴いてみました!

【エラボトックス永久】ボトックスの効果が持続する製剤を知りたい

ボトックスの効果を永久的にしたい!

 

エラボトックスを何度も繰り返し打っていると咬筋にも製剤の耐性ができると聞きましたが、一度で永久的に効果が出る製剤があったらいいですね。

 

ボトックス注射をした場合の効果は長くて半年と言われていますが注射を繰り返していると筋肉の働きが弱まる期間が半年より長くなることがあるそうです。でも永久的な効果が出る製剤は今のところないみたいです。

 

アラガン社のボトックスよりいいゼオミン

 

ほとんどの美容外科で使われているのがアメリカのアラガン社のボトックス製剤ですが、最近はもっといいものが登場していますね。それがドイツで開発されたゼオミンというボツリヌスA型毒素製剤です。

 

ゼオミンのメリットは長期の繰り返し使用でも抗体ができず効果が落ちないことです。デメリットは他のボトックス製剤に比較してお値段が高いことですね。

 

 

ボトックス製剤にはA型とB型があります


ボツリヌス毒素製剤には2種類あってA型とB型で美容クリニックで人気なのがボツリヌスA型です。ジェノックス、ディスポート、ボトックスがその代表です。新しくゼオミンも加わりました。

 

ボトックス注射をすることでシワの原因になる神経伝達物質アセチルコリンが抑制されます。時間とともに新しく神経が生産されアセチルコリンはまた分泌されるようになるので繰り返し打つ必要があります。

 

効果の持続期間は年齢によって幅が出てくるようです。例えば、40代前後では約3か月で加齢で年齢が高くなると新しい神経芽作られる時間が遅くなるので60代では半年持続する傾向があります。それでも永久的な効果は難しいでしょう。

 

 

ボトックス注射が効かなくなるのは筋肉のせいではない


繰り返し何度もボトックス注射をすると最初のころのように効果がでにくくなると言われます。これは筋肉に効かなくなったのではなくボツリヌスA型抗体が作られるからです。抗体のせいで製剤が中和されてしまいます。

 

その抗体が消えるのは3か月はかかりますので、注射の効き目が低くなったと感じた場合、最低3か月は注射を打つのは控えましょう。次の打つ注射を3か月以上開けることで繰りかえし打ってもボツリヌスA型毒素抗体ができにくくなります。

 

女優やモデルはゼオミンを打っている

 

テレビに出る女優やモデルさんは、ドイツのゼオミンを打っているそうです。ゼオミンは繰り返し打っても抗体ができないのでお値段は高くても安心です。

 

さらに塗るボトックスと言われる「アルジルリン」を超音波やエレクトロポレーションで導入させる方法もあるそうです。

 

ゼオミン小顔ボトックスはこちら

↓  ↓  ↓

 もとび美容外科クリニック