芸能人にエラがなくなってる?切らずに小顔になれる秘密

最近、芸能人の顔からエラがなくなっているのはなぜ?整形でなく切らずに小顔のなれる秘密を暴いてみました!

ダウンタイムとは ボトックス注射や美容整形をする前に知っておくこと

ダウンタイムってどんなこと?

 

美容外科のホームぺージなどを見るとダウンタイムと書いてあります。

 

このダウンタイムってなんとなくわかるけど詳しくは知らないですよね。

 

実は美容クリニックだけでなく機械などいろんな業界で使われる

ダウンタイムですが、こちらでは美容外科に関する場合を

説明しておこうと思います。

 

ダウンタイムとは


美容外科で施術した後にきれいが出来上がるまでに必要な期間のことです。

 

たとえばボトックス注射やエラを削ったり皮膚を切ったりすることで
施術したあとに腫れたり内出血したりすると、もしかしたら失敗?っと

不安になるかもしれませんね。


麻酔を使ったりする施術だと、あとでむくんだりすることもあるそうです。


これらの症状が回復するまでの期間をダウンタイムと言います。


治療や施術の内容によってダウンタイムの期間はことなりますが

施術前にどのくらいで回復するのか、腫れはどのくらい続くのかを

あらかじめ知っておくと安心できます。


きちんとした美容クリニックでは施術前にダウンタイムの期間や

どんな症状がおこるかを説明してくれるはずです。

 

さらにダウンタイムの最中にやってはいけないこともあります。


注意事項なども治療の内容で変わるのでしっかりと確認しておきましょう。

たとえばボトックス注射をした日は入浴やマッサージはしてはいけない、

ということがあります。


このような注意を覚えておかずやってしまうと、せっかくの効果が薄れたり

ダウンタイムが長引くかもしれません。

 

ダウンタイムの期間


基本的にヒアルロン酸注射やボトックス注射の場合のダウンタイムは短く、

腫れや内出血も少ない傾向なのですぐにメイクができるということもあります。

 

でも皮膚を切開したり骨を削るとか、脂肪吸引などはダウンタイムが

長くなる傾向があるそうです。

 

 

おなじ二重瞼形成でも埋没する方法と切開する方法ではダウンタイムが

違ってきます。

 

埋没方法は1~5日前後で切開方法は1週間~1か月前後。

 

かなり違ってきますね。

 

埋没法なら連休を利用して誰にもばれずに変身できそうですね。

 

脂肪吸引になると吸引する場所によって大きく違ってきます。

 

基本的には1か月以上3か月以内を見ておくとよいでしょう。

 

脂肪吸引は簡単そうですが吸引する機器を入れるために皮膚を

切開するので術後に痛みもあるしむくみも出るそうです。

 

他にも皮膚が固くなったり突っ張り感が出てくることもあるかもしれません。

 

時間が薬で切開した傷口はだんだん良くなってきますしダウンタイムからも

いずれは回復すると思えば心配する必要はないですね。